看護師求人に年齢制限がある!?

どこでも引く手あまたの看護師のはずですが、何故か採用がうまく行かないという時に、見えない年齢制限の壁がある場合があります。
法律では原則制限は禁止のはずなのですが、看護師に限らずその例外はあります。
いずれにせよ、働く現場の実態を知らないまま求人を探すのは、良いことではありませんね。

・改正雇用対策法

広島で看護師求人

2007年10月から施行された改正雇用対策法で、現在の日本は原則、求人に年齢制限はありません。
これを聞くと、「えっ!?どこでも◯歳までとか書いてるじゃない!」と思いますよね。
実は例外として認められる場合は、理由を明記することで制限を設けていても違法にはなりません。
もっとも、表記があるのはまだ良心的で、どこにも何にも書いていないのに内部で落としているところも多いですから、実態は掴めません。
美容関係などは特に、見えない壁がある可能性もあります。

・看護師は年齢不問多数

看護師は実務経験が多ければ多いほど良い仕事が出来る職業でもありますから、他の職業に比べればかなり年齢不問の求人が多いとも言えます。
もちろんあまりにも人員が不足しているという実情もあります。
どうしても体力が必要とされる職場の場合は45歳まであたりの求人が多いようですが、実際に年齢に関わらず採用されているのが看護師という職場です。

・健診などでは敬遠も

病棟勤務などは、経験が豊富で患者からも信頼されやすいベテランが非常に求められますが、一般的な健診センターなどではあまり年齢の高い看護師は採用されにくい場合があります。
健康な人が訪れる確率が高く、どちらかと言うとスピード重視の現場になるため、特に結婚などで現場を離れていた看護師にはかなり不利な職場になります。
求人に応募してもその時点で断られる場合もあるようですね。

・介護施設は体力勝負

非常に求人が増え続けている介護施設での勤務は、難しい病気など医療補佐としての仕事はあまりある確率は低く、ブランクがあっても問題なく勤務出来る職場と言えます。
ただし、介護はとにかく体力勝負。
どちらかと言うと年齢よりも体力の面で務まるかどうかを考えたほうが良いでしょう。