いまどきの看護師求人事情

「看護師が足りない」、これはとても良く耳にする言葉です。
しかもこの問題は年々解消されるどころか、更に深刻になってきていますよね。
昔からある慢性的な人手不足が続いている上に、ここ近年の医療現場の変化も大きく関係しているために、今後もこの状況は続くでしょう。
看護師の皆さんにとっては、売り手市場と言えます。
そんないまどきの看護師求人はどのような現状になっているのか、ちょっと調べてみましょう。

・看護の仕事の細分化

広島で看護師求人

2008年に厚生労働省の通知で変更された診療科の表記に従い、大規模な病院では非常に細かい科の区分けがなされるようになりました。
例えば、昔のように「内科」などとおおまかに区分けをするのではなく、頭部、頸部、胸部などの部位での区分けや、がん、感染症などといった病状ごとの区分け、新生児や小児などの特性区分け、医学的処置による区分けなどが行われています。
そうした区分けにより、もちろん看護師にもより専門的な知識や技術が問われるようになるわけですから、仕事への責任も重くなりますし、それだけやりがいのある細分化された求人が出されることになります。
スキルアップを目指す人にとっては、より専門を学べる現場を求めることも大事なポイントになるでしょう。

・超高齢化社会

日本は世界でも例を見ないほどの超高齢化社会を迎えています。
介護に関係する求人が非常に激増するのは当然のことですね。
子どもの数よりも高齢者の数のほうが圧倒的に多いわけですから、高齢者の看護に関係する職場を求めれば、まさに売り手市場です。
ただ、介護の現場での仕事は必ずしも医療補助の技術を学ぶ場所とは限りません。
介護施設や老健などの求人を求める場合、どのような働き方をするか、自分でイメージしてみる必要があるかもしれません。

・一般病院の現状

2006年に施行された診療報酬改定により、病院の経営を左右するのが看護師の数という現実となりました。
7:1の看護を維持するために、ベッド数が多い大きな病院ほど看護師の確保に注力することになります。
大手のほうが求人数も常に多い状況となっているのです。